ケータイ辞書JLogosロゴ 和合(近代)


愛知県>東郷町

 〔声22年〜現在の大字名。はじめ諸和村,明治39年東郷村,昭和45年からは東郷町の大字。丘陵地で耕地面積は増えず,養蚕業・鉱業が盛んであった。明治38年和合東蚊谷で亜炭の採掘が始められるが,採掘量は少なく,昭和30年閉鎖。大正5年初めて電灯がつき,同14年初めてラジオが共同聴取された。昭和3年名古屋ゴルフクラブ和合ゴルフ場設立,第2次大戦中はイモ畑に転換され,昭和22年に再開。同39年名古屋都市計画区域に編入され,北部丘陵地帯は宅地化が進み,名古屋のベッドタウンとして発展。一部が,昭和40年日進町和合,同41年東郷村和合ケ丘,同54年東郷町白鳥となる。⊂赦40〜44年の日進町の大字名。昭和44年南ケ丘となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362321
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ