ケータイ辞書JLogosロゴ 相賀村(近代)


三重県>海山町

 明治9〜22年の村名。はじめ牟婁郡,明治12年からは北牟婁郡に所属。古本村が改称して成立。はじめ小浦村・小山浦・便ノ山村とともに連合戸長役場を雲祥寺に設けたが,明治17年小浦村は引本浦と連合し離脱(県町村合併誌)。同21年の田26町余・畑30町余・山林原野1,265町余,戸数229・人口1,382,牛馬40,船92。物産は米・麦・粟・茶・蜜柑・牡蠣・貝灰など。特に良質な牡蠣が白石瀬で採れ,例年12月に滝原宮に献上した(北牟婁郡地誌)。明治20年渡利小学簡易科授業所が開校,生徒数男24・女25。同22年相賀村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362372
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ