ケータイ辞書JLogosロゴ 相賀村(近代)


三重県>海山町

 明治22年〜昭和3年の北牟婁郡の自治体名。便ノ山村・小山浦・相賀村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。村役場は相賀に設置。明治22年の戸数339・人口2,001,田49町余・畑54町余・山林原野1,617町余(町村分合取調書)。同26年船津川下流の渡利との間に相賀橋が開通,長さ77m,5年後まで橋銭を徴した(海山町年表)。同43年四日市製紙会社が銚子川に沿う大台林道(軌道)開設を始め,大正4年から木材搬出。大正15年の戸数586・人口3,049。昭和3年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362373
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ