ケータイ辞書JLogosロゴ 赤部村(近世)


三重県>河芸町

 江戸期〜明治22年の村名。伊勢国奄芸【あんき】郡のうち。慶長6〜18年上野藩領,元和5年からは紀州藩白子領。平野組に所属。村高は,「文禄3年高帳」「慶安元年郷帳」202石余(うち田129石余・畑73石余),「元禄郷帳」202石余,「天保郷帳」「旧高旧領」203石余。大庄屋下津八郎左衛門の支配下にあった。また郷倉が置かれる。神社は牛頭天王祠(八王子同殿)・天神祠。寺は,寛保2年浄光寺の末寺で道場となった真宗高田派法蔵寺がある。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同年の戸数25(各区戸長副戸長総代名簿)。同21年の戸口は54戸・311人(町村制実施ニ係ル取調上申書)。同22年黒田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362440
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ