ケータイ辞書JLogosロゴ 安濃村(近世)


三重県>安濃町

 江戸期〜明治22年の村名。伊勢国安濃【あの】郡のうち。津藩領。村高は,「文禄3年高帳」1,500石余,「慶安元年郷帳」「元禄郷帳」1,508石余(うち田1,268石余・畑239石余),「天保郷帳」「旧高旧領」1,537石余。寛延年間の家数147・人数650,馬8,牛35(宗国史)。承応年間に安濃川対岸の粟加【おうか】村と激しい水論があり,粟加村民を殺害したため,その代償として1人の刑死人を差し出すことになり,新三郎が申し出て刑死したという。争論の井は「喧嘩井」と呼ばれ,大念仏が行われる(安濃郡誌)。また寛文年間にも田端上野村・粟加村との間に水論が発生し,粟加一本松を基準に溝口を開いた(粟加村庄屋文書)。水利は安濃川井堰のほか四郷【しごう】池・聖池の溜池もあり,四郷池は文政年間以前につくられた(浄土寺村文書)。津綟子【つもじ】を織り,藩の幕府献上物にもなった(勢陽雑記・三国地誌)。神社は式内社の阿由太神社。朝光山松源寺は真宗高田派で,寛政年間の中興で古くは真言宗といわれ安濃城主細野氏が帰依した。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。明治3年長崎キリシタン160人が津藩へ預けられ,うち8人が当村に預けられたが,同6年解放されて帰郷となった(津市史)。明治5年の戸数133,同6年の人口644(各区戸長副戸長総代名簿)。同8年安濃学校が開校,生徒数男36・女15(県史稿)。同14年の生徒数68・訓導1・助手1。同22年安濃村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362561
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ