ケータイ辞書JLogosロゴ 荒木村(近世)


三重県>安濃町

 江戸期〜明治22年の村名。安濃郡のうち。津藩領。村高は,「文禄3年高帳」620石余,「慶安元年郷帳」653石余(うち田591石余・畑62石余),「元禄郷帳」653石余,「天保郷帳」669石余,「旧高旧領」686石余。寛延年間の家数41・人数182,牛14(宗国史)。文化10年の庄屋給米は10俵(村小入用打)。寺院は延宝年間に慶林道場と称していたのを改名した真宗高田派荒木山称名寺,本尊聖観音の蓮華山生楽寺があった。生楽寺はのち廃寺となる(安濃郡誌)。神社は須賀神社。寛政8年の一揆では,鳥見役の荒木村右衛門宅を打ち壊し,近郷の百姓500人が荒木川原に集結したが,藩より与力足軽200人,鉄砲70挺切火縄で制圧に向かったため逃散したという(岩立茨/津市史)。嘉永年間に字西川原山林に反別1町余の田畑を開墾し,村共有地と認められる(粟加村庄屋文書)。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同15年戸長が配置される。同22年明合【あけあい】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362600
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ