ケータイ辞書JLogosロゴ 石橋村(近世)


三重県>一志町

 江戸期〜明治22年の村名。一志郡のうち。はじめ津藩領,寛文10年からは久居藩領となる。村高は,「文禄3年高帳」では大仰【おおのき】・石橋・其倉3か村あわせて820石余,「元禄郷帳」101石余,「天保郷帳」「旧高旧領」136石余。寛延4年の戸数44・人数207,牛18(宗国史)。山地は多いが草刈地が少ないため,入会採取地問題で三ケ野村・大村との間にたびたび山論を起こす。また水利は遠く大仰村西端の雲出川堰より導水するため,途中漏水が多く,大仰村との水論も起きた(一志町史)。鎮守は坂本大神社。寺院は天台真盛宗来福寺で,室町中期の創建。明治4年度会【わたらい】県,同9年三重県に所属。同22年大井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7362800
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ