ケータイ辞書JLogosロゴ 上野村(近代)


三重県>河芸町

 明治22年〜昭和29年の自治体名。はじめ奄芸郡,明治29年からは河芸【かわげ】郡に所属。上野・千里・久知野・中瀬の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。戸数・人口は,明治39年541・1,996,大正元年572・3,213,同5年574・4,084。昭和8年の世帯数602(うち農業371・水産業7・工業61・商業66・交通業13・公務自由業34・その他10・無職40),人口3,214,同25年の世帯数800・人口3,972。明治45年津電灯株式会社により電灯がつく。大正4年伊勢電鉄の開通により伊勢上野駅を設置,昭和18年豊津上野駅となる。明治40年電話を架設。同41年地内の神社を八幡宮に合祀し上野神社となる。昭和4年村自作農組合,同9年信用購買販売組合を設立。同22年上野村中学校を開校,同23年朝陽中学校となる。同29年河芸町の一部となる。千里は東千里・西千里となり,残余の3大字も同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363093
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ