ケータイ辞書JLogosロゴ 馬瀬村(近世)


三重県>海山町

 江戸期〜明治22年の村名。紀伊国牟婁【むろ】郡のうち。紀州藩領。相賀組に所属。村高は,「慶長高目録」238石余,「天保郷帳」「旧高旧領」307石余。家数は慶長6年35,天保10年50(紀伊続風土記)。産土神は初め上里神社であったが,明和2年上里村と木材伐採に関し争いとなり,以後独自で馬瀬神社を祀る。寺院は寛文9年僧風国大順が創建した曹洞宗広禅寺。明治4年度会【わたらい】県,同9年三重県に所属。同12年北牟婁郡に属す。同21年の戸数65・人口245,牛12,馬3,舟8。物産は米・小麦・サトイモ・杉材・松材など(北牟婁郡誌)。同22年船津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363211
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ