ケータイ辞書JLogosロゴ 駅家郷(古代)


三重県>関町

平安期に見える郷名「和名抄」伊勢国鈴鹿郡七郷の1つ高山寺本にはない比定地は,奈良期から平安中期まで伊賀道が主要道路であった時期に鈴鹿駅家が所在したと推定される関町古厩【ふるまや】を中心とした地域なお,江戸期においても当地一帯を駅家郷と総称することもあった(勢国見聞集)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363218
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ