ケータイ辞書JLogosロゴ 大別保村(近世)


三重県>河芸町

江戸期〜明治8年の村名伊勢国奄芸【あんき】郡のうち田中川河口付近の伊勢湾に臨む低地に位置する古くは尾前村という地名は,尾前神社に神主として来た陸奥国塩釜明神の祠司金吾太夫別保延運の名が付けられたという(風土記詳略)はじめ上野藩領,元和5年からは紀州藩白子領枝郷に円応寺村がある(元禄郷帳)村高は,「文禄3年高帳」1,694石余,「慶安元年郷帳」1,612石余(うち田1,302石余・畑310石余),「元禄郷帳」1,074石余,ほかに円応寺村537石余,「天保郷帳」「旧高旧領」1,826石余産物は足袋(勢国見聞集)地士に杉野惣兵衛・杉野源八・杉野佐市・杉野安吉らがいる円応寺村は独立して扱われることも多く,また丹羽祐之丞は円応寺組の大庄屋として周辺14か村を管轄した(河芸町郷土史)年貢米は尾前浦から廻漕された文化4〜12年信光寺僧侶が寺子屋を開く(文部省経裁録)神社は尾前神社と円応寺にある春日神社寺は真宗高田派の正法寺・信光寺・慈教寺,真宗大谷派の浄専寺・本福寺,ほかに光明院があるまた円応寺村には真言宗古義派円応寺があったが,明治5年廃寺となる明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属同年の戸数158(各区戸長副戸長総代名簿)同8年千里村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363515
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ