ケータイ辞書JLogosロゴ 小山(中世)


三重県>一志町

 室町期に見える地名。伊勢国一志【いちし】郡のうち。足利義視が,応仁2年より上洛の途次,小山にて関・賀太の両氏が参上したと見える(応仁記・応仁別記)。また「舟木氏系図」によれば,永和末年に舟木正尚が小山に築城し,その弟の孫二郎が国司の与力として移ったが,文亀年中その孫頼治の時,国司に背いたため,小山城は没収された。城跡は,字二谷の山頂部に現存する。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363743
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ