ケータイ辞書JLogosロゴ 笠木木屋(近世)


三重県>紀勢町

江戸期〜明治11年の村名伊勢国度会【わたらい】郡のうち笠木小屋とも書き,笠木木屋新田ともいう大内山川の支流,笠木川流域に位置する地名の笠は,嵩の意味かと伝えられるはじめ田丸藩領,元和3年津藩領,同5年からは紀州藩田丸領「元禄郷帳」「天保郷帳」では崎村の枝郷として名が見え,「旧高旧領」では1村として村名が記されている村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」39石余「元禄4年指出帳」によると,4町6反余,斧役銀54匁8分6厘(うち長野木屋より37匁3分6厘),家数7・人数45,牛7古くは木地屋の集落であったが,元禄〜享保年間頃から次第に定着して農業に従事するようになり,里方と争論が繰り返されるようになった明治4年度会県,同9年三重県に所属同11年に崎村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363828
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ