ケータイ辞書JLogosロゴ 柏野村(近世)


三重県>伊賀町

 江戸期〜明治22年の村名。阿拝郡のうち。はじめ伊賀上野藩領,慶長13年からは津藩領。村高は,天和年間頃の平高1,055石余(統集懐録),寛延年間頃の本高881石余(宗国史),「天保郷帳」932石余,「旧高旧領」929石余。寛延年間頃の戸数83・人数355,牛26(宗国史)。農産物は穀物のほか,茶・真綿・漆・竹などを産した。社寺に,柏野藤位神社・曹洞宗大通山転輪寺がある。柏野藤位神社は,「伊水温故」によれば古くは牛頭天王と称し,河合高森から勧請したという。転輪寺は,永正元年に没した中本山広禅寺第6世一庵孝陣が草創し,同寺の僧瑞見は寛文年間に下柘植村の霊山寺を建立した(霊山寺縁起)。転輪寺には高さ45cm・足奥32cm・足張20cmの木造狛犬が一対あり,足の裏に「奉刻狛犬寛永七庚午池上長太夫」と刻まれる。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同9年柘植学校(下柘植村)の第二分校の御代学校と第四分校の円徳院学校が合併し,柏野学校となる。同校は同21年に柏野尋常小学校となり,同22年には下柘植簡易科授業所と合併して,新堂村に西柘植尋常小学校を設立。同22年西柘植村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ