ケータイ辞書JLogosロゴ 柏野村(近世)


三重県>紀勢町

 江戸期〜明治22年の村名。伊勢国度会【わたらい】郡のうち。はじめ田丸藩領,元和3年津藩領,同5年からは紀州藩田丸領。枝郷に注連野【しめの】新田・古和河内新田・垣内尻村・注連小路木屋【しめこうじこや】新田の名が見える(元禄郷帳)。村高は,「文禄3年高帳」237石余,「元禄郷帳」196石余(ほかに枝郷の注連野新田111石余・古和河内新田9石余・垣内尻村41石余・注連小路木屋新田39石余),「天保郷帳」「旧高旧領」492石余(ほかに注連小路木屋39石余)。「田丸領本田新田高家数人数調」によると,本田高237石余,新田高254石余,家数109・人数625。延宝8年注連野溝,元禄9年垣内尻溝,ほかに4か所に用水があった。また大内山川の大水の時は,川沿いの山際に迂回路があった。神社は,弘治3年疫病平癒の祈願のため尾張津島の分霊を祭祀としたと伝える牛頭天王で明治4年津島神社と改称。また神明野神社は,元和2年若宮八柱神社と改称。慶長2年創建と伝える八柱神社は明治8年津島神社に合祀(神社明細帳)。寺院は曹洞宗宝蔵寺。明治4年度会県,同9年三重県に所属。同20年熊野道の大改修が行われ,岩船・柳原橋が架設された。明治8年注連小路木屋を合併。同22年柏崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363867
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ