ケータイ辞書JLogosロゴ 加太村(近世)


三重県>関町

 江戸期〜明治22年の村名。伊勢国鈴鹿郡のうち。加太谷・加太郷ともいい,谷中【たにじゆう】とも通称した。津藩領。地内は,本郷市場・板屋・中在家・北在家・梶ケ坂(鍛冶ケ坂)・神部(神武)・向井・金場(金鋳場または鐘鋳場)・平地・牛谷・越川(越知川)・大谷に分かれ,加太12か村ともいう(三国地誌)。村高は,「文禄3年高帳」「元禄郷帳」1,347石余,「天保郷帳」1,775石余,「旧高旧領」1,465石余。「旧津藩取調帳」では1,465石余のうち新田高118石余。大和街道に沿う宿場である。家数・人数は,享和2年348軒・1,416人で,うち男730・女686(宿方明細書上帳),寛延年間380軒・1,610人(宗国史)。旅籠は4〜5軒があったが,当地への定助郷はなく,関宿・坂下宿の助郷村となる(享和2年宿方明細書上帳)。藩は,寛文11年地内の大和街道沿いに松4,762本を植栽し(三国地誌),また寛政5年〜文化2年に藩有林32町余に約49万本の杉・檜などを植林した(日本林制史資料)。寛永2年に初めて無足人が取り立てられ,同6年には21人の無足人がいた(坂氏覚書)。本郷市場は,下加太とも呼ばれ,中世後期鹿伏兎氏の城下町として発達し,江戸期には問屋場・旅籠・高札場もみられた(享和2年宿方明細書上帳)。また板屋には寛永21年津藩公館が設置され(三国地誌),本陣があり,上加太ともいわれる。元和4年鹿伏兎定俊が中在家にあって南ノ谷に南在家を開発,南・北を脇在家として上加太一円を支配した(関町史)。梶ケ坂は鍛冶に由来する地名ともいわれ,天文12年鹿伏兎定住が鍛冶ケ坂城を築き坂氏を名乗る。村内に多く分布する坂姓はこれに由来する(関町史)。向井は下加太の川向に対する地名,金場には中世後期の鋳場跡が残り,平地は平の沢城跡が所在,中世の平城跡がある。寛文8年と享保11年に板屋に大火があり,川俣神社が焼失した(川俣宮由来記)。鎮守は,川俣・若宮八幡の両社。享和2年宿方明細書上帳に梶ケ坂の平野大明神が見えるが,同社は貞享年間に川俣神社に合祀されたといわれる。ほかに越川に神明社があった。寺院は,本郷市場に臨済宗東福寺派神福寺,向井に同宗聴川寺,梶ケ坂に同宗常光寺,中在家に同宗竜淵寺,北在家に臨済宗妙心寺派天祥寺,板屋に同宗浄専寺,神部に同宗福蔵寺,越川に真宗高田派西円寺。鹿伏兎氏菩提寺の神福寺ははじめ新福寺といい,左京亮定俊が創建した。聴川寺ははじめ聴泉寺,浄専寺は浄泉寺,両寺とも宝永3年藩主藤堂和泉守の諱をはばかり寺名を変更したという(坂氏覚書)。常光寺ははじめ浄光寺,竜淵寺ももと福満寺と称した。ほかに八幡社の護神寺,中在家南谷の道関寺,板屋畑山の徳隣寺,梶ケ坂の休閑庵などがあった。明治元年,加太駅伝馬所が設置されたが,同5年伝馬所を廃して加太駅陸運会社を設立。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同年の戸数374(各区戸長副戸長総代名簿),同20年の人口2,185(鈴鹿郡郷土史)。明治9年市場学校・島川原学校が開校,両校の生徒数男59・女20。同12年合併して加太学校となる。同年加太村戸長役場を設置。同22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7363958
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ