ケータイ辞書JLogosロゴ 上里村(近世)


三重県>海山町

 江戸期〜明治22年の村名。紀伊国牟婁【むろ】郡のうち。紀州藩領。相賀組に所属。枝郷に鳥居崎村がある。村高は,「慶長高目録」382石余,「天保郷帳」「旧高旧領」440石余。家数は,慶長6年61,天保10年44(紀伊続風土記)。産土神は,山城国大山崎より勧請した八幡宮と近江国栗本郡より勧請した大宝天王などがあったが,明治期に上里神社に合祀した。寺院は,延宝年間に僧風国大順が開基した曹洞宗修禅寺。明治4年度会【わたらい】県,同9年三重県に所属。同12年北牟婁郡に属す。明治11年上里学校開校,生徒数14。同21年の戸数90・人口561,牛34,馬11,舟30。主な物産は米・小麦・粟・キビ・大豆・ソバ・サツマイモ・エンドウ・松材その他(北牟婁郡地誌)。同22年船津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364001
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ