ケータイ辞書JLogosロゴ 上柘植(近代)


三重県>伊賀町

 明治22年〜昭和17年の東柘植村の大字名。明治22年の戸数425・人口2,224,田2,450反余・畑689反余・宅地248反余・山林8,422反余・雑種地159反余・原野540反余(町村分合取調書)。東柘植村役場の所在地で,明治19年に柘植郵便局,同30年に柘植病院,同31年に東柘植尋常高等小学校,大正15年に柘植警察署が設置される(伊賀町史)。明治23年には三重県最初の鉄道が草津〜柘植間36.7kmに敷設され,当地に柘植停車場がたち,大和街道と連絡する柘植鉄道停車場道もでき,駅前通りがにぎやかになった。明治40年から同42年にかけて,上柘植村津島社・若宮八幡神社・倉部天神社,野村八幡神社,中柘植村白山神社を合祀した村社穴師神社は,大正11年に都美恵神社と社号変更をする。昭和17年柘植町柘植となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364030
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ