ケータイ辞書JLogosロゴ 川合村(近世)


三重県>大台町

江戸期〜明治4年の村名伊勢国多気郡のうち宮川とその支流大内山川の合流点付近に位置し,地名の由来もこの立地にちなむ(勢陽五鈴遺響)元和5年からは紀州藩田丸領枝郷に荒堀村・小ケ所新田・大ケ所新田および下菅村と共有の滝辺茅ケ広新田があり(元禄郷帳・天保郷帳),大ケ所新田はのち分村村高は,「文禄3年高帳」177石余,「元禄郷帳」171石余,ほかに荒堀村5石余・小ケ所新田31石余・滝辺茅ケ広新田81石余・大ケ所新田189石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ではともに335石余寛政・天保年間には飢饉があった村民は木炭を焼いて生計を立てた寺院は浄土宗松林寺があり,草弁和尚のとき知恩院の末寺となったが,無住の期間が多かった本尊は古くから子安の如来,雷除け・蛭除けの仏として信仰されたほかに光王山真福寺跡があるまた恵南和尚の供養塔があり,これは村の豪農の娘と恋に落ちた恵南という若僧を追放した村民が,後に供養のため建てたという明治4年度会【わたらい】県に所属同年菅合村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364150
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ