ケータイ辞書JLogosロゴ 北黒田村(近世)


三重県>河芸町

 江戸期〜明治22年の村名。奄芸郡のうち。はじめ津藩領,寛文9年からは久居藩領。林組に所属。村高は,「文禄3年高帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」592石余。弘化4年の村高552石余,平高1,100石余(検邑秘禄書中目録)。寛延年間の家数117・人数502,馬5,牛1(宗国史)。正保2年以降岡氏が庄屋を勤め,天和3年には無足人となる。文政年間笠井定之丞が浜田池を築造(河芸町郷土史)。産物は木綿・大根・薪(布留屋草紙)。弥尼布理神社は正保2年藩主より5石6斗余の寄進をうけた。寺は,もと真言宗の中本山で寛正元年から真宗高田派の中本山となった浄光寺,ほかに西光寺・宝憧院・誓正寺・智乗寺・善友寺・高田道場がある(宗国史・三国地誌)。浄光寺は元禄年間に火災にあい,のち再建される。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同年の戸数87(各区戸長副戸長総代名簿),同8年の人数644(県史稿)。同21年の戸口は93戸・526人(町村制実施ニ係ル取調上申書)。明治4年久居義塾の分塾を置き,同8年黒田小学校となる。同22年黒田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364331
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ