ケータイ辞書JLogosロゴ 沓掛(近代)


三重県>関町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ坂下村,昭和30年からは関町の大字。明治22年の戸数49・人口246(町村分合取調書)。世帯数・人口は,昭和26年65・406,同35年57・258,同45年59・251。なお昭和26年の人口には国道1号改修に伴う増加を含む。明治41年村社神明社を坂下の片山神社に合祀。昭和5年関〜土山(滋賀県)間に乗合自動車が,同7年亀山〜草津(滋賀県)間に省営バスが営業を開始,沿線として交通が便利となる。昭和25〜26年国道1号が大改修され舗装化,同時にバイパス化された。昭和13年坂下村尋常小学校を坂下より新築移転し坂下村尋常高等小学校を設置。同29年坂下村役場を新築移転。同30年町村合併によって役場は廃止,小学校は同55年廃校となった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364495
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ