ケータイ辞書JLogosロゴ 坂下宿(近世)


三重県>関町

 江戸期〜明治22年の宿名。鈴鹿郡のうち。坂下村(寛永検地帳・御布告留)・坂下町(元禄年貢帳)・坂下駅(御布告留)ともいう。はじめ幕府領,慶長15年亀山藩領,元和元年幕府領,寛永13年再び亀山藩領,慶安元年からは幕府領,慶応4年から亀山藩預り地となる。村高は,「文禄3年高帳」37石余,寛永検地帳81石余で田はなく畑8町余・伝馬屋敷約2町で免高31石余,「元禄郷帳」40石余,「天保郷帳」47石余,「旧高旧領」51石余。元禄2年郷年貢帳の総高は64石余,「東海道宿村大概帳」47石余で伝馬地子免許31石余を差し引き高,16石余。小物成は寛永9年から酒役2石2升余,同11年から茶役永208文余(うち鐚748文),水車運上が明和6年から,ほかに山年貢などが上納された。伝馬役56軒・歩行役58軒(延享3年差出帳)。寛永14年の家数111軒のうち坂上茶屋8(寛永検地帳),元禄2年82軒と寺1(歳貢之帳),同14年の家数155軒ほかに借家32軒(法安寺文書),延享3年差出帳によると,160軒と1社2寺,同年の人数584(うち男274・女310),宝暦10年158軒・611人,天保9年152軒・543人,同14年153軒・564人(東海道宿村大概帳)。同年における宿数は本陣3・脇本陣1・大旅籠2・中旅籠9・小旅籠37(同前)。はじめ峠を中心に集落が存在したが,慶安3年の洪水のため翌4年約8町くだった地に移転した。慶長6年徳川家康の伝馬朱印によって宿が設定され,のち東海道五十三次中第48番の宿次を形成した。江戸よりの里程は107里余,関宿へ1里半余,土山宿へ2里半(東海道宿村大概帳)。寛永15年宿建人馬100人・100疋となるが,延享3年には宿人足58・雇人足42,有馬30・雇馬26・隣宿近在日雇馬44となった(差出帳)。往還の長さ19町44間・宿内町並5町56間(東海道宿村大概帳)。問屋場と大竹屋・松屋・梅屋の3本陣と小竹屋脇本陣がある。脇本陣ははじめ鶴屋が就役したが,のち明和2年に休役し,ついで小竹屋が就役。問屋は主として松屋・梅屋が歴任したといわれる。庄屋は酒屋加左衛門家が主に就任(関町史)。助郷は寛永13年以前には紀州・津・亀山3藩高割にて出役したが,同14年9か村が定められたという。なお沓掛・市瀬は隣村で常時出役の助郷村。寛文6年9か村の助郷役を免じ,元禄12年大助郷35か村(伊勢4・近江31)を定め,宝永7年と正徳2年伊勢8か村を加えて近江8か村を免じた(関町史)。延享3年差出帳では伊勢19か村・近江17か村となる。文化2年大火があり,3本陣と鶴屋脇本陣が焼失,幕府より復旧費1,300両が貸し付けられる(同前)。「坂は照る照る鈴鹿は曇る……」で知られる鈴鹿馬子唄は当宿の情緒を歌い込んだもので旅人たちによって諸国に伝播された。鎮守の鈴鹿神社(現片山神社)は式内社で鈴鹿大明神・鈴鹿権現ともよばれる。主神は倭姫命といい斎王の鈴鹿頓宮跡との伝承がある(鈴鹿神社縁起)。社領として亀山藩主から8石,幕府信楽代官から5石の寄進があった。寺院は曹洞宗法安寺と天台宗金蔵院(護国寺)。金蔵院は大坂の役に徳川家康,寛永11年に徳川家光の小休所となった由緒がある。ほかに法安寺隠居の大道庵(明治10年廃絶)と岩屋観音があった。明治4年安濃津【あのつ】県,同5年三重県に所属。同年の戸数158,借屋・同居数を加えて222(関町史)。職業別では,商業106・工業10・農業1・その他105(主に宿場稼業)。清水泰巌覚書によれば,茶屋・飲食店・支度所が19,馬持ち12,商業16,大工・指物など13,往還稼36。同年伝馬所・助郷の廃止により坂下村となる。同13年の戸数133・人口642(御巡幸記)。明治9年金蔵廃寺に坂下学校を設立,同14年松屋本陣跡に移転,翌15年鐸鳴学校と改称。明治12年坂下村沓掛村戸長役場を設置。宿の廃止は,上町月並御日待帳に「御一新後,町内無人となり」と記されるほど当地の急激な衰退を招いた。明治22年坂下村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364987
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ