ケータイ辞書JLogosロゴ 坂下村(近代)


三重県>関町

 明治22年〜昭和30年の鈴鹿郡の自治体名。坂下・沓掛・市瀬の3か村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。坂下村役場は昭和29年沓掛に新築移転。坂下の坂下小学簡易科授業所を継承,明治26年坂下村尋常小学校と改称,昭和13年沓掛に移転して高等科を併置,坂下村尋常高等小学校となる。明治41年坂下の片山神社に沓掛神明社・市瀬市之瀬社を合祀。大正10〜15年鈴鹿峠大改修,鈴鹿トンネルの貫通によって自動車の通行が可能となり,東西の交通が便利になる。昭和5年関町から当村を経て滋賀県土山町に至る乗合自動車が開業。同7年省営バスが運行。昭和25〜26年村内の国道1号の大改修が行われ,舗装化された。鈴鹿峠・筆捨山など景勝地が多く,昭和23年鈴鹿県立公園,同43年鈴鹿国定公園に指定される。明治22年の戸数312・人口1,250(町村分合取調書)であったが,翌23年関西鉄道の開通により東海道の交通量が激減したため過疎化し,以後の戸数・人口は,同30年218・1,253,同38年200・962。世帯数・人口は,昭和5年175・864,同25年202・999,同30年172・793。昭和26年の職業別世帯数は農業62・林業66・工業10・商業11・その他49(鈴鹿郡郷土誌稿本)。昭和30年関町の一部となり,村制時の3大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7364988
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ