ケータイ辞書JLogosロゴ 注連小路木屋(近世)


三重県>紀勢町

江戸期〜明治8年の村名伊勢国度会【わたらい】郡のうち「木屋」ともいう(柏崎村誌)大内山川支流の注連小路川流域に位置するはじめ田丸藩領,元和3年津藩領,同5年からは紀州藩田丸領「元禄郷帳」「天保郷帳」では柏野村の枝郷として村名が見え,「旧高旧領」では1村として見える村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」39石余「田丸領本田新田高家数人数調」によると,家数10・人数58崎村の錦・笠木木屋とともに3木屋の1つ早くから木地挽の生業があったようで,定着して山稼と農耕が半ばするようになった文禄年間には,3木屋の貢租は5石から8石,寛永2年には15石元禄〜享保年間には農業が主な生業となるようになり,正徳5年には注連小路木屋39石余・笠木木屋39石余・錦木屋59石余,合計138石余の新田が検地によって確認されている宝暦4年柏野村肝煎が運上山の売立を計り,木屋方は防止に必死の嘆願をしたこともあって,崎・柏野両村では9木屋となり,その進出は里方との争論を招く原因となった明治4年度会県に所属同8年柏野村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7365217
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ