ケータイ辞書JLogosロゴ 庄村(近世)


三重県>一志町

 江戸期〜明治22年の村名。伊勢国一志【いちし】郡のうち。はじめ津藩領,寛文10年からは久居藩領。村高は「文禄3年高帳」では庄村・八太村の両村あわせて1,941石余,「元禄郷帳」765石余,「天保郷帳」806石余。寛延4年の戸数88・人数369,馬2,牛15(宗国史)。安政2年の戸数77・人数368。また弘化4年の小物成はアユ320匹,うるか3合(一志町史)。水利は承応2年に完成した高野井を利用。出水時はしばしば雲出川の堤防が決壊し,大被害を受けてきた。庄屋は大倉氏が世襲。鎮守は古くは神明神社であったが,貞和3年少名毘古命を勧請して子安天神社と称するようになった(子安天神縁起)。寺は真宗高田派の満昌寺と柳含寺がある。満昌寺は山号を朝明【あさけ】山といい,往古雲出川を朝明川といった頃の創建と考えられる。子安天神境内に接して薬師堂があり,明治初期に廃寺となる。本尊薬師如来・阿弥陀如来はともに平安期の作という。明治4年度会【わたらい】県,同9年三重県に所属。同12年庄村学校が八太学校から独立して開校したが,同22年廃校となる。同22年川合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7365395
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ