ケータイ辞書JLogosロゴ 温江村(近世)


京都府>加悦町

 江戸期〜明治22年の村名。与謝郡のうち。はじめ宮津藩領,寛文6年幕府領,同9年宮津藩領,延宝8年幕府領,天和元年以降宮津藩領。村高は「慶長郷村帳」「延宝郷村帳」1,212石余,「天和村々高帳」では温江組に属し1,346石余,うち中縄村分248石余,「宝永村々辻高帳」1,097石余,「享保郷村帳」「天保郷帳」1,353石余,「旧高旧領」1,346石余。幕末の草高1,091石余,年貢率は定免5割3分,高掛物623匁余,稲木運上銀等165匁余(与謝郡誌)。享和3年の「御領分縮緬屋御鑑札御改帳」によれば機数15,ほかに新機5,「与謝郡誌」では文化年間の機数2,嘉永年間21,文久年間18とある。慶応2年の「糸中買手先人別控」には温江村4人とある。幕末の家数153,うち高持百姓131・水呑百姓21・出家1,人口604(版籍調書/与謝郡誌)。「丹哥府志」に大虫神社(式内社)・小虫神社(式内社)・犬鏡大明神・臨済宗雲詠山常栖寺・藤田左衛門城址が見える。明治4年宮津県,豊岡県を経て,同9年京都府に所属。同8年の反別は田73町余・畑9町余(地券事務日記)。地券交付にあたり,中縄村にある温江村の飛地で明石村と算所【さんじよ】・三河内村に囲まれた田24町余をめぐって,小作していた三河内村との間で争論となり,同10年温江村は上訴した。この飛地は,延宝年間から文化元年まで算所村が,文化2年より三河内村が小作していた。その後,明治6年に68か年の小作取替約定を三河内村と結んだが,このことが地券交付の際の争点となった。結局,温江村が三河内村へ9,500円を支払い,三河内村は耕地を温江村へ返還することで解決した(中縄村事件記録)。同21年の戸数144,国税1,776円余・地方税471円余・町村費31円余(市町村合併史)。同22年桑飼村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7373408
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ