ケータイ辞書JLogosロゴ 池ノ谷(近世)


京都府>宮津市

 江戸期〜明治22年の地名。宮津城下白柏町組の1町。白柏町の触下。京極高国時代の絵図に当町名が見え,2,3の藩士の名が注記されている。当町は惣村の小散田地であった(地方秘鑑)。元禄16年には道幅は1間,宝暦年間には町筋東西49間,道幅1間であった(宮津旧記・宮津府志)。貞享3年大火に見舞われた(宮津日記)。家数は寛文6年19軒,元禄16年8軒,宝暦年間10軒余,明治維新以前42軒,明治19年40軒,同21年41戸(宮津旧記・丹後宮津志・市町村合併史)。同22年宮津町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7373620
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ