ケータイ辞書JLogosロゴ 岩ケ鼻村(近世)


京都府>宮津市

 江戸期〜明治22年の村名。丹後国与謝【よさ】郡のうち。はじめ宮津藩領,寛文6年幕府領,同9年宮津藩領,延宝8年幕府領,天和元年以降宮津藩領。村高は「慶長郷村帳」「延宝郷村帳」209石余,「天和村々高帳」では波見宇川組に所属し155石余,「宝永村々辻高帳」同高,「享保郷村帳」156石余,うち新田改出高9斗余,「宝暦郷村之覚」「天保郷帳」とも同高,「旧高旧領」155石余。天保12年の年貢率は定免で5割7分1厘6毛,戸数52,うち百姓28・水呑24,人数270,牛12,艫太船3艘,引網4(養老村誌)。文久年間の船数は大船1・中船1・小船5。幕末の草高155石余,年貢率は定免で5割7分6毛。ほかに高掛物95石余,稲木運上銀など25匁余。戸数56・人口294(与謝郡誌)。社寺に山王社・竿指社・一向宗海向山願性寺,旧跡に一色氏の部将橋本豊後守の城墟がある。山王社は往古伊根浦一庄の氏神であったが,のち日ケ谷・外垣・大島・岩ケ鼻の氏神となる。同社の後ろに薬師堂があり奥の院と称す(丹哥府志)。漁業は平田・日出・亀島の伊根浦3か村に独占されふるわなかった(京都府漁業の歴史)。慶応2年8月の洪水による家屋の全壊は4軒(与謝郡誌)。明治4年宮津県,豊岡県を経て,同9年京都府に所属。同9年の戸数60・人口298,牛8,漁船15・農業船7・荷船1(養老村誌)。同21年の戸数61(市町村合併史)。同22年養老村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7374013
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ