ケータイ辞書JLogosロゴ 由良村(近世)


京都府>宮津市

 江戸期〜明治22年の村名。丹後国加佐郡のうち。田辺藩領。村高は「慶長郷村帳」656石余,「享保郷村高附」「丹後旧語集」「田辺藩土目録」632石余,「天保郷帳」「旧高旧領」633石余。「丹後旧語集」には,村高のうち用捨高15石,年貢率は定免で8割5分。「田辺藩土目録」によると高・反別は田536石余・46町余,畑96石余・25町余,村高のうち砂入永荒など定引が38石余ある。小物成には竈役米など,運上には塩浜運上・雉子運上など,継物には麻苧・真綿などがある。ほかに新田2斗余・2畝余は年貢率5割,新畑9斗余・4反余は年貢率4割。社寺に熊野三社権現・奈具神社・金刀比羅神社・稲荷神社・水無月神社・市杵嶋神社・北野神社・広峰神社,真言宗鹿原山金剛院末如意寺・禅宗舞鶴桂林寺末松原寺が,古跡に由良ノ戸碑,名勝に由良ケ岳がある(府地誌)。熊野権現は明治21年由良神社となる。また当村には山椒太夫伝説にちなんだ如意寺の身代わり地蔵,安寿の汐汲みの浜,厨子王の柴勧進,太夫が竹鋸で首を挽かれたという首挽きの松,七曲り峠などがある。明治4年舞鶴県,豊岡県を経て,同9年京都府に所属。「府地誌」によると村域は東西14町余・南北8町余,反別は田61町余・畑61町余・宅地12町余・敷地1町余・塩浜2町余で計139町余,ほかに荒地5畝余・鍬下1反余。戸数431・人数1,822,牝牛7,船106。人民共立小学校(生徒数106)・村会所・5等郵便局がある。物産に食塩665石・甘藷4,000貫・素麺2,500俵・蜜柑720貫があり,福知山・宮津などへ出荷された。農業のほか製塩業を兼ねるもの男17・女195,工業を兼ねるもの男15。当村は海浜に臨んでいるため舟運の便はよかった。同22年由良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7380758
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ