ケータイ辞書JLogosロゴ 相坂村(近世)


兵庫県>香寺町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国神西郡のうち。南条郷に属した。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」256石余うち田187石余・畑69石余,寛延年間320石余(神崎郡誌),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに338石余。神社は,八徳山の下の宮山に相坂本村の若都王子神社,塩田の宮之谷に大歳神社がある。大歳神社には凝灰岩に馬を刻んだ絵馬があったが,現在は中央公民館に展示されている。当村には道場を屋号とする家があり,浄土真宗の普及を物語る。明治11年八徳村(八徳山)・谷山新村を合併。明治12年の反別は田52町1反余・畑8町7反余・宅地4町3反余(神崎郡誌)。同22年香呂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387160
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ