ケータイ辞書JLogosロゴ 青野原下新田村(近世)


兵庫県>加西市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加西郡のうち。はじめ幕府領,嘉永5年頃清水家領,文久2年からは陸奥国会津藩領。郷帳類には見えない。下野の開発請負人高田六郎右衛門は入会地の水利権の問題解決のために奔走した。その子の代には元文2年・延享2年の2回,代官千種清右衛門の検地を受け,反別43町9反余・高237石余,ほかに山林51町7反余。網引村高田家はその功績によって屋敷地1反分の除地と苗字帯刀を許された。しかし,開発費用に詰まり親類三枝家との間に借金出入が起きている(山下家蔵高田家文書)。明治13年の戸数45・人口208,田11町余・畑22町余・宅地3町4反余・山林126町余・林4町余・無税地4町余(播磨国地種便覧)。同22年九会村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387218
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ