ケータイ辞書JLogosロゴ 赤崎村(近世)


兵庫県>浜坂町

 江戸期〜明治22年の村名。但馬国二方郡のうち。もとは和田村と合わせて細見谷村と称し,寛永4年までに分村したという。もと豊臣氏蔵入地。慶長10年旗本宮城氏の知行,正保元年幕府領,寛永8年豊岡藩領,享保12年からは再び幕府領。村高は,元和3年の二方郡高帳では細見谷として199石余,寛永4年二方郡高帳新高176石余,延宝5年の二方郡中高書付83石余,享保12年の京極氏引渡高107石余,「国高一紙」83石余,「天保郷帳」107石余。戸数は,宝暦10年64,嘉永元年30,安政5年31,明治7年31。享保年間頃当村枝郷の三尾村を分村したと思われる。江戸期の農産物は,粟・稗・芋・蕎麦・小豆・綿などで,嘉永元年の牛は15(浜坂町史)。鎮守は三柱神社と八柱神社。県道から外れて山道を行くと,海岸線近くに稲荷神社がある。明治22年東浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387239
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ