ケータイ辞書JLogosロゴ 県守村(近世)


兵庫県>篠山市

 江戸期〜明治22年の村名。丹波国多紀郡のうち。口県守村(丹波国郷帳),下県守村(正徳年間大郷帳)ともいう。もと豊臣氏蔵入地。慶長7年八上藩領,同13年からは篠山藩領。村高は,慶長13年丹波多紀郡桑田津之国帳326石余,「丹波国郷帳」326石余うち田303石余・畑23石余,正徳年間大郷帳では古高329石余・新高386石余とあり,寛延元年引渡郷帳386石余,「丹波志」401石余,「天保郷帳」391石余。天明3年高附帳による家数51,人数男123・女106。字東山谷に春日神社がある。寺院は長谷山栄国寺址,衣笠山文楽寺址が残る。明治22年雲部村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387260
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ