ケータイ辞書JLogosロゴ 安坂村(近世)


兵庫県>中町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国多可郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,寛永16年からは幕府領。村高は,「正保郷帳」467石余うち田437石余・畑30石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)460石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに459石余。明治2年の村明細帳(安坂区有文書)によれば家数33(本百姓30・水呑3)・人数123,牛15。寺院は天台宗長坂山鳳凰寺。白雉元年法道仙人による開基と伝え,古くは糀屋村にあったが,天正年間に兵火にかかり現在地に移転(中町誌)。明治22年中村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387315
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ