ケータイ辞書JLogosロゴ 芦原新田村(近世)


兵庫県>篠山市

 江戸期〜明治22年の村名。丹波国多紀郡のうち。もとは,今田村・今田新田村・佐曽良新田村などとともに,寛永年間波多野氏によって開発に着手された原野。文政8年市原村から分村して成立。篠山【ささやま】藩領。郷帳類には見えない。江戸期は市原村のうちとして把握された。清水寺に質入れされていたのを,古市村(現篠山市)の小林藤右衛門が買い受けて,天保4年別免になった。嘉永年間の高2石余・納米1石余,家数5・人数13,出作人2軒・6人(多紀郡明細記)。鎮守は,文政8年創建の春日神社が地内イの坪にある。明治6年の高3石余,田2反余・畑3反余,正租1石余・永309文。同17年の戸数6・人口16,牛2・馬2,田4町余・畑2反余,物産は米・裸麦・大豆・豌豆・茄子・瓜・干瓢・柿・梅・李,ほかに凍豆腐30荷を産出(多紀郡地誌)。同22年今田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387359
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ