ケータイ辞書JLogosロゴ 芦屋村(近世)


兵庫県>芦屋市

 江戸期〜明治22年の村名。兎原郡のうち。はじめ幕府領,元和3年尼崎藩領,明和6年からは再び幕府領。村高は,「摂津高改帳」492石余,青山氏領知調(加藤家文書)では本高532石余うち田492石余・畑40石余,ほかに新田48石余うち田21石余・畑26石余,「天保郷帳」650石余,「旧高旧領」659石余。当村は本郷の東芦屋・西芦屋と寛文〜元禄年間に開発された浜芦屋新田・茶屋新田・樋口屋新田・山新田からなる。「元禄郷帳」には芦屋村と別に「芦屋村枝郷,浜芦屋新田村」が書き上げられている。庄屋・年寄役は本郷から出した(猿丸家文書/新修芦屋市史)。青山氏領知調によれば,寛文9年頃の家数97・人数597。明和6年の村明細帳(猿丸家文書/新修芦屋市史)によれば,家数182(高持149・無高33)・人数785,牛48,氏神は天神社,末社に出雲社・愛宕社・多賀大明神・荒神,ほかに神社は天照大神宮・山神2・弁才天社・若宮社などがあり,寺院は浄土宗大甲山安楽寺,ほか薬師堂がある。また,芦屋川筋に絞油水車6・水踏水車4が稼働,年貢米回漕の20石船1があり,北部の芦屋山は打出村と入会持,ほかに領主林3か所の山番人給米8斗が書き上げられている。延享4年本庄9か村(現神戸市)・西宮社家郷6か村(現西宮市)と芦屋山領有に関する争論が発生,永禄3年の三好長康裁許状に従って当村側が勝訴した(新修芦屋市史)。明治17年の芦屋村誌(同前)によれば,戸数248・人口1,052,牛55,50石船1・牛車29・人力車3。また,素麺1万1,000貫余が生産され西宮町に移出されており,年間880円の漁獲があった。同22年精道村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387376
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ