ケータイ辞書JLogosロゴ 芦屋(近代)


兵庫県>芦屋市

 明治22年〜昭和19年の大字名。はじめ精道村,昭和15年からは芦屋市の大字。市庁舎が所在し,交通面においても市の中心地。とりわけ芦屋川の中・下流域は,明治末年から昭和初期にかけて住宅街区にかわり,京阪神屈指の高級住宅地として発展した。明治24年の戸数281,人口は男559・女588。人口は大正12年9,045,昭和14年2万592。同19年精道町・浜芦屋町・山芦屋町・西芦屋町・東芦屋町・山手町・東山町・朝日ケ丘町・六麓荘町・岩園町・平田町・竹園町・松浜町・伊勢町・船戸町・松ノ内町・業平町・月若町・前田町・茶屋之町・大桝町・公光【きんみつ】町・川西町・西山町・清水町・剣谷・城山・奥山となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387378
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ