ケータイ辞書JLogosロゴ 芦屋村(近世)


兵庫県>浜坂町

 江戸期〜明治22年の村名。二方郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長10年旗本宮城氏知行,正保元年幕府領,寛文8年豊岡藩領,享保12年からは幕府領。村高は,元和3年の二方郡高帳120石余,寛永4年の二方郡高帳新高177石余,延宝5年の二方郡中高書付152石余,享保12年の京極氏引渡高163石余,「国高一紙」152石余,「天保郷帳」168石余。宝暦10年の村明細帳によれば家数30・人数130。二方郡高帳によれば塩浜役6石。正徳4年には塩役2石余,山役・綿役など小物成3石余(浜坂町役場文書)。当村の浜は面積が広く,元禄年間以前から近隣の漁村の鰯干場として,浜賃金をとって干場を賃貸しており,嘉永5年には浜坂村の干鰯仲買業者13名に5か年の契約で貸していた。弘化5年の牛14(浜坂町史)。鎮守は三柱神社,寺院は曹洞宗竜潜寺。また,浜坂宇都野神社の境外社諏訪神社は,荒神さんと呼ばれ,昭和17年頃まで塩冶の供養踊りと芋祭りが行われていた。明治22年東浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387380
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ