ケータイ辞書JLogosロゴ 網引村(近世)


兵庫県>加西市

 江戸期〜明治22年の村名。加西郡のうち,もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年同支藩領,寛永16年幕府領,貞享3年相模国小田原藩領,延享4年からは田安家領。村高は,「正保郷帳」472石余うち田421石余・畑50石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)700石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに714石余。慶長5・13年の竹原(田原)村との間の水論に関する文書が残る。この時の当村庄屋は三右衛門(網引区有文書)。小田原藩領時の代官は一丸氏で,初代又四郎は善政によって領民に慕われた(高砂市伊保町中村区資料)。庄屋は高田家が世襲。享保8年には高田六郎左衛門が青野原の開墾を願い出ている。また,同家は田安家領時に田安領南組5か村の庄屋組頭も兼任。安政4年田安御領知播州三拾六ケ村御高附并取米帳(横田家文書)では,村高710石余は「本高新田共,取米も同事」とあり,取米292石余・十分一26石余。明治13年の戸数157・人口653,田90町余・畑19町余・宅地9町・山林280町・林39町・芝藪地5町・無税地10町(播磨国地種便覧)。神社は八幡神社と大歳神社。寺院は真言宗如意山理智院・同宗如意山密蔵院(加西郡誌)。同22年九会村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387423
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ