ケータイ辞書JLogosロゴ 阿弥陀(近代)


兵庫県>高砂市

 明治22年〜現在の大字名。昭和31年からは阿弥陀町を冠称。はじめ阿弥陀村,昭和31年からは高砂市の大字。明治24年の戸数264,人口は男671・女636。戸数は,大正9年223,昭和6年224(阿弥陀村村会議録)。世帯数・人口は,同30年365・1,757,同53年516・1,910。昭和38年白陵中学校・白陵高校が開校。同42年北部丘陵山麓に市営公園墓地を造成。同48年国鉄曽根駅東踏切の立体交差完成,県道曽根阿弥陀線の道路改修により南北の交通が便利になる。同49年一部が時光寺町・春日野町・阿弥陀1丁目・金ケ田町となる。同50年鹿島中学校開校。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387488
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ