ケータイ辞書JLogosロゴ 荒井村(近世)


兵庫県>高砂市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加古郡のうち。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」667石余うち田368石余・畑298石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,106石余。農業のほかに塩業が盛んで,これは元荒井城主杉岡惣太夫,その孫叶屋惣太夫(号宗閑)が塩業振興策を採ったためといわれる(荒井小学校創立百周年記念誌)。「荒井昔塩屋多し,最上品なりし」(播州名所巡覧図絵)といわれ,赤穂や四国坂出に技術指導に招かれたほどであった。寛延2年の塩浜運上銀は9貫806匁。享保8年の家数911・人数4,663(荒井神社棟札)。寛延2年の村明細帳によると,高859石余ほかに新田96石余,家数915・人数4,104,高持百姓707,牛45,職業別人数は陸塩売197・問屋10・米穀小売7・商人73・干鰯屋3・職人26・船頭39・漁師2・出家13・神主1・医師4。また奉公人が多く,浜奉公人272うち竈焼130・浜持142,年季奉公人251うち近村112・大坂と兵庫88・紀州45・江戸6。旧洗川河口には船着場があり,所属の船数は廻船(1,000石積)1・渡海船(30〜60石積)6・艜船(12石積)31・迚通船3,船持43人・船頭39人。港町の一面も持っていた。江戸中期まで盛況だった塩業は度重なる水害で,文化年間には塩田もほとんど廃絶され(播州名所巡覧図絵),新田・新畑に変えられた。反面,文政年間から幕末にかけて盛んになったのが綿作で,元治元年には全田畑の50%,畑地の85%が綿作付であった(兵庫史学22)。慶応3年には篠巻問屋6軒,篠巻取締として小南茂之助・小南久左衛門の名が見える(姫路藩綿業経済史)。鎮守は荒井神社,ほかに八幡神社。浄土宗西山派の利生寺・観音寺はともに俊乗坊重源の開基と伝え,利生寺は天文元年印空慶文,観音寺は同3年静空善閑の中興開山。ほか寺院に浄土真宗本願寺派明覚寺。利生寺・観音寺の末寺延命寺・浄音寺と神宮寺は明治5年廃寺になる。利生寺には荒井城主杉岡氏の墓があり,同寺の山門はかつての荒井城の西門であったと伝える。また八幡神社は杉岡氏の守護神として勧請したという。文政2年から明治5年にかけて神官杉本重清の寺子屋,弘化年間から明治20年にかけて医師加藤仙齢の私塾があった(加古郡誌)。明治6年恭順小学校開校。同14年の戸数593・人口1,932,田59町余・畑60町余・宅地11町余(播磨国地種便覧)。同20年荒井尋常小学校開校。同22年荒井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387498
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ