ケータイ辞書JLogosロゴ 荒井村(近代)


兵庫県>高砂市

 明治22年〜昭和29年の加古郡の自治体名。荒井村と小松原村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。荒井に役場を置いた。明治24年の戸数508,人口は男1,291・女1,234。世帯数・人口は,大正9年729・3,199,昭和25年1,715・7,471。明治24・25・29・30年と加古川の重なる水害で疲弊したが,大正7年〜昭和8年にかけての河川改修で堤防が完備し,水害の不安が消えた(加古郡誌・高砂町史誌)。明治45年県道高砂飾磨線(現国道250号)開通。大正12年神戸姫路電気鉄道(現山陽電鉄)が開通し,荒井駅が開設されると,東西の交通が便利となる。明治35年からは三菱製紙の社宅の建設が始まり,大正15年の社宅295戸,昭和5年では307戸となる(荒井村村会議録)。大正14年の反別は田210町余・畑43町余。かつて塩浜であった浜手一帯には,昭和4年の野田醤油(現キッコーマン高砂工場)を皮切りに,同14年の造兵廠播磨製作所,同17年の田熊汽缶などの進出が続いた。また戦後になると同造兵廠跡地に同22年国鉄高砂工場,同25年播磨耐火煉瓦,同28年神戸製鋼などの大工場が進出し,工業地域へと変貌を遂げた。昭和22年荒井中学校開校。同27年高砂町と境界変更。同29年高砂市の一部となり,2大字は荒井町を冠称して同市の大字に継承。合併時の世帯数1,811・人口8,468。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387499
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ