ケータイ辞書JLogosロゴ 荒牧村(近世)


兵庫県>伊丹市

 江戸期〜明治22年の村名。摂津国川辺郡のうち。はじめ幕府領,元和3年からは尼崎藩領。村高は,「摂津高改帳」では枝郷の荻野・鴻池の高を合わせ1,782石余,寛永12年に村切りが行われてこの両村を分村し,正保2年郷帳では849石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに926石余。天明8年御巡見様御通行御用之留帳(岡本家文書/地域史研究3)によれば,免は7ツ2分〜1ツ,高926石余うち本田923石余・新田2石余,家数124うち寺2・人数545。氏神は天日神社で,宝永元年に社殿改築。寺は天台宗容住寺があり,本堂・薬医門は元禄9年建立。生瀬(西宮市)・小浜(宝塚市)から池田(大阪府)を経て西国街道につながる京街道が村の北辺を通り,また中山寺(宝塚市)への参詣道が村の西寄りを北上していた。そのため,腰掛け石・駒つなぎ松・香の藪など聖徳太子にまつわる伝承が多い。用水は貝之川(天神川)・天王寺川のほか,堂ケ本池・上ノ池・下ノ池があった。享保13年58か村立会の長尾山(宝塚市)の山親である切畑村が始めた新開をめぐり,当村など山子4か村が松の木などを切り倒して訴えられた。文政6年容住寺の円寿が習字の師となり寺子屋が開かれ,明治5年まで存続した。同8年荒牧小学校が開校したが,同12年中筋村(宝塚市)の摂陽小学校に統合された。同15年の戸数114・人口516。同22年長尾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387517
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ