ケータイ辞書JLogosロゴ 安志村(近世)


兵庫県>安富町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。安知とも書き(播磨鑑・寛延2年播磨国細見図),安志町ともいう。もと天正8年神子田半左衛門領,同12年黒田孝高領,同15年木下勝俊領。のち慶長5年姫路藩領。同18年備前国岡山藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領(宝永2年〜正徳4年京都町奉行中根氏預り地),享保元年からは安志藩領。当地に安志藩主小笠原氏の陣屋が置かれた。村高は,「正保郷帳」604石余うち田319石余・畑284石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに629石余。村高の増加は川沿いの新田開発・新池の築造による。検地は慶長13年・慶安3年。寛文年間の下村氏手控(下村武家文書)によれば,小物成334匁余うち楮役78匁余・茶役22匁余・山畠役179匁余・馬役54匁余・桑役真綿400目,家数92(本役21・半役43・無役28)・人数558,馬32・牛61。安政4年の家数163。加茂大明神(現加茂神社)は安志谷氏神3社の1社。慶長検地では神領2反が免租地。安志藩主寄進の諏訪法性の兜が社宝だが,この兜を見ると火災が起こると伝えられる。9月23日(現10月26日)の「安志祭り」には播州各地の力士が参加する相撲が奉納された。神社はほかに神明社・五霊社(現五霊神社,小笠原神社・新宮ともいう)・天満宮(現天満神社)がある。五霊社は安志藩主小笠原氏のうち貞宗・長時・貞慶・秀政・忠修を祀り,もと藩邸前にあったが廃藩後現在地へ移転した。浄土真宗本願寺派照明山教蓮寺は天文5年開創,寛永10年寺号許可,もと字五庵にあったが安志藩陣屋設置に際し現在地に移転。一向宗福勝山円徳寺はもと真言宗で字寺谷にあったが天文5年改宗,元禄4年寺号許可。臨済宗大雄山法性寺は小笠原氏菩提寺,秀政・忠脩父子の木像を安置する。真言宗松寿山光久寺は不動明王立像を本尊とする藩の祈願寺で,十六羅漢画像2幅を所蔵。明治6年洪化小学校・文化小学校設置。同9年仰化・洪化・文化などの各小学校を統合し,旧藩主邸に明倫小学校を設置。同14年の戸数335・人口1,235(播磨国地種便覧)。同22年安師村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387564
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ