ケータイ辞書JLogosロゴ 粒丘(古代)


兵庫県>龍野市

奈良期に見える地名播磨国揖保【いいぼ】郡のうち「風土記」揖保郡揖保里の条に記されている地名で,揖保の地名説話が記されている説話は天日槍命と葦原志挙乎命の国占伝承の一節で,天日槍が韓国より渡来して宇頭の川底にやって来て葦原志挙乎に「あなたは国主だから私の住む所を提供して欲しい」と頼んだところ,葦原志挙乎は海中ならよいと許した天日槍命は剣で海水をかきまわして,その上に住んだ葦原志挙乎は天日槍命の力を恐れて,先に国を占守しようとして粒丘まで来て食事を取ったところ,口から飯粒がこぼれ落ちた故に粒丘と名付けられたという現在の龍野市揖保【いぼ】町揖保上の北方にある独立山塊の中臣山・現権山に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387577
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ