ケータイ辞書JLogosロゴ 碇岩村(中世)


兵庫県>御津町

 戦国期に見える村名。播磨国揖西【いつさい】郡のうち。天正11年閏正月16日のいかり岩百姓宛蜂須賀正勝書状に「いかり岩へ罷出候百姓之事,各家中のわつふの外は誰々成共罷出候,夫役并諸役等儀三年間令用捨候,何々下作ニ候共罷出候者ニ申付候」とあり,同月27日の奉行牛田又衛門書状と合わせ見ると,竜野城主蜂須賀氏は,当地の諸役を免除し,新田開発を奨励している(碇岩村文書)。同13年竜野城主は蜂須賀氏から小出氏に代わり,文禄3年6月5日の小出吉政知行目録には碇岩村129石7斗と見える(金井文書/竜野市史5)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387610
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ