ケータイ辞書JLogosロゴ 池田村(近世)


兵庫県>加古川市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加古郡のうち。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」90石余うち田66石余・畑24石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)も90石余,「天保郷帳」355石余,「旧高旧領」357石余。寛政年間頃当村の村民が山林を取り崩して水田を40町余造成し,栄新田とする。同じ頃北在家村の岩崎喜右衛門ほか2名が浜地埋立ての許可を得,文化年間に10町余の水田を造成したが,これを岩崎新田という(加古郡誌)。神社は大年神社。氏神は養田村の崎宮神社。寺院は延喜16年開創という曹洞宗生竹山観音寺。古来海運業者の崇敬篤く,数多くの絵馬が奉納されている。池田の白旗観音と呼ばれる本尊聖観音は,明治15年の千年祭で公開されて以来開帳されていない。また,播磨西国第28番札所で,御詠歌に「いくちよをかけてうえにしいけだやまたもとにかかるささのはのつゆ」とある。「播州名所巡覧図絵」に「毎月十七日群参す」とある。江戸末期には綿作が活発に行われた(日本総国風土記)。明治5年に池田村と口里村を通学区とする綿里小学校を観音寺に設けたが,同9年に成器小学校・陶成小学校と併合して尾上小学校となる。明治15年の播磨国地種便覧によれば,戸数175・人口772,田73町余・畑85町余・宅地6町余・林5町余・草生地6町余。明治22年尾上村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387690
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ