ケータイ辞書JLogosロゴ 一色村(近世)


兵庫県>加古川市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加古郡のうち。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」403石余うち田384石余・畑15石余・安養寺領3石,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに505石余。寛保元年の免状では,492石余から安養寺領3石を引いた489石余が本田で,免5ツ6分,ほかに新田が12石余あるが大部分の免は5ツ8分である。江戸期を通じて新田開発が行われ,しかも租税率の高い新田が多い。年貢米は近隣の村々とともに別府港より積み出した。享保3年の藩への願書に,かつて家数70余・人数350〜360もあったが,村が疲弊して今は家数54・人数246になったとある。安政5年の五人組帳では人数287。村は西国街道と海岸沿いの浜街道の中間にあるが,借用証文の相手に大坂商人の名がみえ,近世後期には大坂との経済的結びつきが考えられる。田が多く,米作が中心であったが,文化年間以降藍の栽培も行われたらしい。用水は古来池懸りであったが,明暦2年開削された新井用水の水を三つ池に引いた。上池・下池・今池の3つの池を用水源としていたのを1つにして三つ池と称したのであろう。上池以下の名は小字となり水田になっている。鎮守は住吉社。ほかに池明神・大歳社などがある。寺は曹洞宗紫雲山安養寺。ほかに地蔵堂1。時期は不明だが,安養寺の僧を師匠とする寺子屋があった。明治14年の戸数72・人口338,田43町6反余・畑6町7反余・宅地2町8反余(播磨国地種便覧)。同22年平岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387741
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ