ケータイ辞書JLogosロゴ 石原村(近世)


兵庫県>黒田庄町

 江戸期〜明治22年の村名。多可郡のうち。はじめ姫路藩領,寛永16年幕府領,延宝6年下総国佐倉藩領,貞享3年相模国小田原藩領,延享3年からは一橋家領。村高は「正保郷帳」661石余うち田533石余・畑128石余,「元禄郷帳」694石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに712石余。諸役は,万治〜延宝年間に川役・山役・鉄砲役があった(石原区有文書)。慶長15年の畑分のみ残存している検地帳では名請人67うち屋敷持32(黒田庄町史)。延享4年の村明細帳によれば家数122うち高持113・無高9,人数518。山すそに開けた農業中心の村で,田の水利は加古川三ケ村井堰用水と溜池の利用であるが,川沿いの耕地は水害が多かった。延享年間には綿作・綿織物が行われ,材木商5・屋根葺3・木挽1がいた。幕末期には酒造も行われた(同前)。寺院は,臨済宗妙心寺派慧松山西光寺・真言宗円福寺。西光寺には廃寺となった建仁寺の本尊が祀られているという。円福寺は明治初年廃寺となったが,延徳4年墨書銘の本地仏があったという。神社は,妙見山(現星神社)・権現山境内・地神(現地神神社)・大歳神社・天満神社・稲荷神社・大将軍神社。幕末期に円福寺・藤田宅に寺子屋が開設された。明治6年新輝校開校,同9年円福寺を仮校舎として田高村の明亮校と合併し陸海校となる。同12年の戸数133・人口588,田61町余・畑4町余・宅地6町余・山林116町余・ほか94町余(黒田庄町史)。同20年地神神社を現在地へ移転し,同時に大国主神を勧請合祀。同22年黒田庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387774
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ