ケータイ辞書JLogosロゴ 射添村(近代)


兵庫県>村岡町

 明治22年〜昭和30年の自治体名。はじめ七美郡,明治29年からは美方郡に所属。長板・熊波・和田・入江・川会・丸味・原・長瀬・高津・長須・味取・山田・境・柤岡【けびおか】の14か村が合併して成立。旧村名を継承した14大字を編成。戸数・人口は,明治24年861,男2,242・女2,198,同42年910・5,412。世帯数・人口は,昭和10年939・4,997,同25年948・5,132。養蚕・畜牛・林業・製紙などが行われていたが,過疎化により次第に衰退。特に製紙は,往古から射添紙として原・味取・長瀬・高津で生産されてきたが,後継者がなく廃絶された。同30年美方町の一部となり,14大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387832
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ